2024年2月16日

株式会社翔泳社主催の「MarkeZine Day 2024 Spring」に「元GODIVA CDO、現MJ代表と事業グロースコンサルタントが語るデータドリブン経営への投資の重要性」をテーマに登壇。

セッション内容はこちら:https://event.shoeisha.jp/mzday/20240227/session/4922

 

このセミナーでは、元GODIVAの最高デジタル責任者であり現MJ代表の宮野氏と、新規事業開発などで豊富な実績をもつ事業グロースコンサルタントが、データドリブン経営が営業とマーケティングを如何に強化するか、そのために必要なITシステム投資や人材育成の重要性とそのメソッドについて詳しく解説します。データを基軸とした意思決定プロセスは、顧客の行動や市場の動向をリアルタイムで把握し、より効果的な戦略を立てることを可能にします。これにより、売上の向上、利益率の改善、顧客満足度の向上を包括的に実現することができます。

 

セミナーでは、データドリブン経営を実現するための具体的なステップに焦点を当て、必要なテクノロジーの選定基準やデータを組織全体で活用する文化の醸成、データドリブン経営への移行を加速させるための実践的な洞察と戦略を提供します。このプロセスは事業会社のみならず、B2B企業、SaaSを開発提供する企業など、幅広い業種・業界にとって有益なセッションになるはずです。

 

登壇者プロフィール

 

株式会社アイスリーデザイン
執行役員 セールス&マーケティング部 部長 兼
xRコミュニケーションデザイン部 部長 吉澤 和之

フリーライターからキャリアを始め、創刊雑誌の初代編集長を務める。その後広告代理店でクリエイティブデイレクターを経験した後、外資系MarTech企業(現Cheetah Digital社)に転職。ビジネスアーキテクトとして新規事業開発やマーケティングなどに従事。その後独立し、個人でSaaS企業の事業コンサルティングを行う傍ら、ニューヨーク発のIT企業MovableInkの日本進出支援、Repro株式会社にてCBDOなどを歴任。20年6月からは台湾発AIテックスタートアップのawooにジョインし、日本市場開発責任者として日本法人awoo Japanの立ち上げとグロースを成功させる。21年スタートアップピッチアジェンダ最優秀賞、22年繊研新聞主催ファッションECアワード受賞。23年2月より現職。

 

株式会社MJ
代表取締役社長 宮野 淳子

オーストラリア ロイヤルメルボルン工科大学大学院卒業後、世界No.1化粧品ブランド、ロレアル パリの日本立ち上げ要員として日本ロレアルに入社。ダイレクトマーケティング・CRM・デジタルマーケティングを統括し、DX推進を経て、カテゴリー売上シェアNo.1など実績を残す。その後アマゾン ジャパンに転身し、ソーシャルマーケティング及び、ファッション事業部のマーケティングを統括後、ジョンソン・エンド・ジョンソンに移籍。オムニチャンネル・デジタルトランスフォーメーション推進部門統括、世界初のプリシジョンマーケティングモデルの構築などを経て、ゴディバ ジャパンChief Digital Officer 兼 マーケティングコミュニケーション & デジタル / ITトランスフォーメーション統括本部長に就任。マーケティング・ビジネスモデルの変革を実行し業績を残した後、株式会社MJを設立。現在では複数企業にCDO・CMO・取締役として参画し、上流から下流までの全体設計を行う。

 

概要

・登壇日時:2024年2月27日(火)16:50〜17:20
・テーマ:元GODIVA CDO、現MJ代表と事業グロースコンサルタントが語るデータドリブン経営への投資の重要性

 

MarkeZine Day 2024 Spring

  • 開催場所  :KABUTO ONE HALL & CONFERENCE
  • 開催日時  :2024年2月27日(火)〜29日(木)10:00〜19:00
  • 参加料   :無料(事前登録制)
  • 公式サイト :https://event.shoeisha.jp/mzday/20240227

この記事をシェアする

一覧に戻る

Case study事例