UI/UXデザイン

ユーザー体験の向上で
ビジネス課題の解決を

UI/UXデザインでユーザー体験を向上させたいですか?i3DESIGNでは、ユーザー中心設計のプロセスでユーザーの持つ課題を明確化し、正しい情報設計とユーザビリティ観点から実現可能なデザインをご提案します。アプリやWebサイトを利用したビジネスを一緒に成功させましょう。

Service Features

サービスの特徴

01

ユーザー課題の明確化

ユーザー中心設計のプロセスでユーザーの持つ課題を明らかにします。課題を見える形にアウトプットすることで共通認識をもった上で解決方法を明確にすることができます。

02

正しい情報設計とユーザビリティ

UIデザインのプロフェッショナルとして、デジタルプロダクトとしての情報設計におけるあるべき姿をご提案します。各プラットフォームの特性やユーザビリティ観点から、ご納得いただける説明を行います。

03

実現可能なデザイン

私たちのデザインは見た目の斬新さや美しさだけではなく、「実現可能か」を視野にいれたデザインです。クリエイティブだけではなく開発部隊をもつ企業として実装時の負担が考慮されたデザインを得意としています。

Case

ケース

  • ネイティブアプリ

    ネイティブアプリ

  • ウェブアプリ

    ウェブアプリ

  • スタイルガイド

    スタイルガイド

    ガイドライン

  • ユーザビリティ改善

    ユーザビリティ改善

Process

プロセス

サービスコンセプトから、1pxまで

私たちはクライアントと一体となってデザインに取り組みます。ビジネスの課題を理解し、同じゴールを描くことでプロジェクトを推進し、より良いものをユーザーに届けることを目指します。

方針定義

方針定義

ユーザー調査や課題分析を通じて、プロダクトのコンセプトや、プロジェクトで目指すべき方針を定めます。

設計・プロトタイピング

設計・プロトタイピング

プロダクトの骨格を組み上げます。ユーザーシナリオやコンテンツの構造をベースに、効果的な導線設計/レイアウトを設計し、プロトタイピングツールを用いて素早く見える形に落とし込みます。

ビジュアルデザイン

ビジュアルデザイン

プロダクトの印象を決めるビジュアルは、ターゲットユーザーやブランドの情報を元にロジカルな考え方で定義していきます。

構築支援

構築支援

デザインとエンジニアリングの間を繋ぎます。細かな挙動の指定やアニメーション作成、実装後のレビューを行うことで、プロダクトの完成度を高めます。

Methods & Tools

手法とツール

ユーザーモデリング

ユーザー調査によって得られた情報を分析し、ユーザーの価値や行動についてペルソナやジャーニーマップなどの形式で可視化します。抽出された課題、ユーザーの持つ価値観からその解決方法や、有効と考えられる機能を導き出すことができます。

オブジェクトモデリング

システムにおけるユーザーの関心が高いと考えられる要素をオブジェクトと捉え、それぞれの関連性を視覚化します。オブジェクトモデリングを行うことで情報が整理され、多様なユーザー要求に答えながらも変化に強いシステムを構築できるようになります。

情報設計

有効なインターフェース、コンテンツの決定、遷移等の共通認識の獲得を目的としています。課題解決に最適な構造を見つけ出し、ユーザーが達成すべきゴールをストレスなく正確に行うことが出来るよう、情報の優先度を整理して画面設計を行います。

トーン&マナー設計

プロダクトが伝えたい雰囲気やデザインのルールを計画します。高級感や親しみやすさといった感覚的に受ける印象は、色・サイズ・フォントなどの要素を適切にコントロールすることにより表現できます。本来伝えたかったイメージを具体化し、フォーカスします。

プロトタイピング

プロトタイピングツールを使い、アイデアを見えるカタチに素早く変換します。実際にリリースされるものに近い状態で確認できることで、静止画では気づけなかった課題などを発見したり、ステークホルダー間での認識齟齬を無くすことができます。

インタラクションデザイン

プロダクトのUIは単なる装飾のデザインだけでなく、タッチデバイスの操作も意識した感覚的なレベルでの設計が必要です。微細なアニメーションや遷移の設計によって、ユーザーに適切なフィードバックを与え、プロダクトへの理解をサポートします。

デザインシステム

デザイン原則やスタイルガイド、コンポーネントライブラリ等のデザインルールが集約されたデザインシステムを作成します。デザインシステムを導入することでクオリティとブランドの一貫性を担保することが可能になります。

ユーザビリティテスト

専門家視点でプロダクトを分析するヒューリスティック分析や、利用が想定されるユーザーに対して製品またはプロトタイプを触ってもらうテストなど、ユーザビリティ(UIの操作性)の問題点を発見し、課題や障害の元となる原因を究明します。

Case Study

関連事例

  • 東京スター銀行アプリ

    東京スター銀行アプリ

    株式会社野村総合研究所

  • Ultra Caddy

    Ultra Caddy

    株式会社Anchor

Other Services

その他のサービス

Contact

良質なサービスを一緒に作りましょう。
まずはご相談ください。