UI/UXデザイン

ユーザー体験の向上で
ビジネス課題の解決を

私たちは、価値あるユーザー体験とビジネスの成功にとっての最適解を一緒に考えます。ユーザー中心設計プロセスでユーザー体験を向上させ、アプリやウェブサイトを利用したビジネスを成功へと導きます。

Service Features

サービスの特徴

01

ユーザー課題の明確化

ユーザー中心設計のプロセスでユーザーの持つ課題を明らかにします。課題を見える形にアウトプットすることで共通認識をもった上で解決方法を明確にすることができます。

02

正しい情報設計とユーザビリティ

UIデザインのプロフェッショナルとして、デジタルプロダクトとしての情報設計におけるあるべき姿をご提案します。各プラットフォームの特性やユーザビリティ観点から、ご納得いただける説明を行います。

03

実現可能なデザイン

私たちのデザインは見た目の斬新さや美しさだけではなく、「実現可能か」を視野にいれたデザインです。クリエイティブだけではなく開発部隊をもつ企業として実装時の負担が考慮されたデザインを得意としています。

Case

ケース

  • SaaSのUX/UIデザイン

    SaaSのUX/UIデザイン

    サービスの要件定義からモバイル/デスクトップ/管理画面に至るまでスピーディにデザインを作成します。

  • 業務用アプリケーション

    業務用アプリケーション

    OOUI(オブジェクト指向UI)の手法を活用し、業務の効率性を高める業務アプリケーションのデザイン・ユーザビリティ改善を行います。

  • ネイティブアプリ

    ネイティブアプリ

    iOS/Androidのガイドラインに精通したデザイナーが効率的かつ効果的なデザインをご提案します。

  • ユーザビリティ改善

    ユーザビリティ改善

    ヒューリスティック分析・GA分析でユーザビリティの課題の抽出・分析と仮説立案・改善案のご提案と、KPI設計から改修ロードマップと継続的な改善運用をサポートします。

  • VI・ブランディング

    VI・ブランディング

    サービスの提供者の想いからサービスの持つ人格を導き出し、顧客像・業界のポジショニングなどの要素とバランスをとりながらビジュアルの定義までを具現化。ロゴや各種アセットの制作まで可能です。

  • デザインシステム

    デザインシステム

    デザイン原則を定義して、運用に強いシステムを作る。デザインシステムはスタイルガイドに加え、ブランドの”らしさ”や運用面を考慮したコンポーネント管理までを定義します。

Process

プロセス

サービスコンセプトから、1pxまで

私たちはクライアントと一体となってデザインに取り組みます。ビジネスの課題を理解し、同じゴールを描くことでプロジェクトを推進し、より良いものをユーザーに届けることを目指します。

調査・分析

調査・分析

調査・分析フェーズでは、サービス/プロダクトの目指すべき姿を文章やイメージボードなどで可視化します。ステークホルダー間でサービスのコンセプトや意義などについて認識を合わせ、サービスのあるべき姿・目指すべき姿を明らかにすることがその後デザインを進めていく上での摩擦を無くし、ゴールへの近道となります。

設計・プロトタイピング

設計・プロトタイピング

設計・プロトタイピングフェーズでは、表層的なデザインではなく、機能的・構造的な観点からの設計を行います。サイトまたはアプリで扱うデータ構造を組み上げ、実際にユーザーが扱う画面としてのユーザビリティと実装効率などを考慮・検討します。

ビジュアルデザイン

ビジュアルデザイン

ビジュアルデザインフェーズでは、カラーリング、書体、レイアウト、コピーライティング等、情報設計とブランドの世界観を合体させた、ユーザーにフィットするUIを作ります。このフェーズではさらに、ユーザーの心を動かすために細部の挙動やアニメーションの作りこみを行います。

構築支援

構築支援

構築支援フェーズでは、理想的なデザインと実装の間にある摩擦を無くし、最終形の完成度を上げるためのフェーズです。デザイナーの意図を言語化・資料化します。リリース後の運用を見据え、開発効率を向上するスタイルガイドなどを作成します。

Methods & Tools

手法とツール

ユーザーモデリング

ユーザー調査によって得られた情報を分析し、ユーザーの価値や行動についてペルソナやジャーニーマップなどの形式で可視化します。抽出された課題、ユーザーの持つ価値観からその解決方法や、有効と考えられる機能を導き出すことができます。

オブジェクトモデリング

システムにおけるユーザーの関心が高いと考えられる要素をオブジェクトと捉え、それぞれの関連性を視覚化します。オブジェクトモデリングを行うことで情報が整理され、多様なユーザー要求に答えながらも変化に強いシステムを構築できるようになります。

ユーザーストーリーマッピング

ユーザーストーリーをカードに書き出し、左右に時間軸と時系列を並べ、上下に機能の深さを付けて整理する手法です。機能の抜け漏れを防ぎ、機能の優先度から分割線を引くことでリリース計画を表現することもできます。

ブランドアーキタイプ

ユングの提唱する12の人格をプロダクトに当てはめ、ブランド分析に活用したプロセスです。キーワードを選ぶアンケートから、プロダクトの人格を導き出します。またそこから「ムードボード」と呼ばれる世界観を表現したコラージュを作成し、プロダクトのビジュアルデザインを定義していきます。

プロトタイピング

プロトタイピングツールを使い、アイデアを見えるカタチに素早く変換します。実際にリリースされるものに近い状態で確認できることで、静止画では気づけなかった課題などを発見したり、ステークホルダー間での認識齟齬を無くすことができます。

デザインシステム

デザイン原則やスタイルガイド、コンポーネントライブラリ等のデザインルールが集約されたデザインシステムを作成します。デザインシステムを導入することでクオリティとブランドの一貫性を担保することが可能になります。

エキスパートレビュー

専門家視点でプロダクトを分析します。ヒューリスティック分析の観点からユーザビリティ(UIの操作性)の問題点を発見するなど、プロダクトで扱われる構造/骨格/ビジュアルの観点で課題や障害の元となる原因を究明します。

レイアウト指示書

デザインファイルはウィンドウサイズを固定サイズで作成するため、実装したものの画面サイズが伸縮した際に思わぬデザイン崩れが発生してしまうケースがあります。レイアウト指示書はそういったケースを防ぐためにレイアウトのルールなどを記載した資料であり、エンジニアが実装する際に参照する資料となります。

Case Study

関連事例

  • 東京スター銀行アプリ

    東京スター銀行アプリ

    株式会社野村総合研究所

  • Ultra Caddy

    Ultra Caddy

    株式会社Anchor

Other Services

その他のサービス

Contact

良質なサービスを一緒に作りましょう。
まずはご相談ください。

閉じるボタン