2015年12月15日 イベント

女子レポ!~Socket・地田美紀さんの場合~

新サービス開発に積極的な企業の魅力を、女子目線でお届け!
アイスリーデザイン広報担当の横山いづみが、女性社員の皆さまに直撃しちゃいます。

jr-02_02

事業推進・広報PR
地田美紀さん


―今日はよろしくおねがいします!早速ですが、地田さんは今どんなお仕事されてるんですか?

Socketという会社とスマートフォン向けおもてなしプラットフォーム「Flipdesk(フリップデスク)」というサービスの広報が主な仕事です。スマホでネット通販サイトを閲覧しているときに、ポップアップで「キャンペーン情報」や「割引クーポン」が表示された経験はないでしょうか。Flipdeskは、埋め込んだタグから訪問者の行動を自動で解析し、その訪問者に応じた接客を実現できる販促プラットフォームです。
まだまだ社員数が少ないので、営業のサポートや人事、総務的なことなど、何でもやります!広報としては、メディア対応の他、EC系のセミナーの運営なども担当していて、時には司会進行をすることもありますね。

——広報から総務や営業サポートまで!?
すごく幅広く活躍されてるんですね。裁量範囲の広さは、さすがスタートアップ企業ですね!

以前は人材系の会社にいたんですが、入社した時に50人だった社員がいつの間にか1,000人を超える会社にまで成長して…社員の顔と名前が一致しなくって寂しさを感じてしまったんですよね。できれば、小規模のスタートアップで働きたい!と思ったのがきっかけです。

jr-02_03

——寂しくなっちゃうのはなんか分かるかも。念願叶って入社したスタートアップ、入ってみてどうでしたか?

ここへ入社した当時オフィスはもうちょっと狭くて、面接でのやりとりが全スタッフに筒抜けだったくらい(笑)。面接官じゃない人が途中で会話に入ってきたり、面白くってフランクな会社だなっていうのが第一印象でしたね。入社前とイメージが変わったということはないですね。

——(笑)和気あいあいとした雰囲気の中での面接だったんですね。
そんな中、広報として入社して…何かこれからやってみたいことってありますか?

いつか『Flipdesk』をテレビに露出させたいなと考えています!
Webの力がどんどん強くなっていますが、やっぱりマスメディアの効果というのはすごいと思うので。

jr-02_04

——プロダクトへの愛が、営業や広報にもつながってくるんですね!
では最後に、「会社のここがスキ!」っていう所教えてください!

社内のメンバーが『Flipdesk』に対して自信と愛着を持っていることがひしひしと伝わってくるんですが、そこがとってもステキです。広報をやるからには、やっぱり自信を持って世の中に広めていきたいですから。メンバーみんなが自信を持っていることって本当に大切だと思うので、そういう意味でも理想的な会社ですね。


<取材をおえて>
終始にぎやかな雰囲気の中、インタビューに応じてくれた地田さん。会社やプロダクトに対する“愛”がビンビン伝わってきて、「そうだっ、広報に必要なのは愛なんだ!」と実感。私も、地田さんのようなキラッキラ笑顔の広報担当、目指します!

▼同社の別記事も一緒にどうぞ!▼

2015-12-15
in-Pocket 編集部が新サービス開発に取り組む様々な企業にお邪魔し、プロダクト誕生の裏側と成功のヒントに迫るこの企
Izumi Yokoyama

広報/Designer

元銀座M百貨店の美容部員。 その後、小学生から憧れだったFBIと金田一を目指し、探偵会社へ。わかっていたけど名探偵にはなれないと気づき、突然Geek girlを目指し、テクノロジー+グローバル感ぷんぷんのi3DESIGNに入社。i3DESIGNではテスター・デザイナーを経験。まさかの広報任命により、右も左もわからぬまま、2015年11月から広報を兼任。

この記事をシェアする