ServiceUX Design

UXについて

ユーザー調査からプロトタイピングまでの一連プロセスで、課題抽出からアプリ/サービスを実現化します。
アプリ/サービスを成功させるためには、提供する価値を明確にし、それを届けるユーザーをよく知る事が重要です。
さまざまな実績と経験から得た知見で、UXプロジェクトをリードします。

ユーザー調査・定義

プロトタイピング

開発、テスト

運用・保守

UXによるサービスデザイン

UXは、ユーザーが自然に使い続ける製品やサービスを作り出すためのフレームです。
デザイン思考、ビジネス指向の様々な手法を組み合わせ、企業/ブランドとユーザー双方にとって最適な解を見つけます。
このアプローチはアプリを使った新規事業や何から手をつけていいかわからない課題の解決、
プロダクトのリニューアル、リブランディングに効果的です。

Column

UXがアプリ/サービスの成功に必要な理由

アプリを使った新規事業プロジェクトでは、やりたいこと(機能)が多過ぎたり利用シーンとユーザーメリットを十分にイメージができていないことが少なくありません。ベンチャーにおけるビジネスの失敗談で、アイデアに対して実際の顧客が存在しなかったというのはよく聞く話ですが、これは大企業の新規事業においても例外ではありません。
そこで、UXのプロセスを通してアプリコンセプトと主要機能の絞込みを行い、このリスクを回避します。その際に大事なのは、最初からユーザビリティーに主眼を置かないことです。コンセプトと主要機能の幹がしっかりしていないと、結局は開発するアプリやサービスがユーザーから遠い存在になってしまいます。

1

ペルソナを決める

年齢、性別、どういう生活をしていて、どういう特徴のある人なのかブレークダウンした利用ユーザーのペルソナを設計します。そこからユーザーシナリオ(利用シーン)を検討することで、アプリ/サービスの方向づけを明確にします。

2

プロトタイプを作る

アイデアの骨子を描く手書きのレベルから着手します。さらにチームにデザイナーを加えSketchーinVisionなどのツールを導入し、よりリアルなプロトタイプで深いディスカッションを行います。

Column

プロジェクトの目的と実現性の観点を忘れずに

最近のプロトタイプツールは、実際のアプリの開発をしなくても遷移(操作の流れ)は大体実現することができます。
一方で、この工程で気をつけて欲しいのは、開発工程を理解せずにプロトタイプを作成すると、後でその動きを実装するのに多大な時間を取られるということにもなりかねません。またプロトタイプを精緻につくることに集中しすぎて目的と手段を取替え違えないよう、期間を決めて実施するなど注意が必要です。

3

ユーザー調査を実施する

ペルソナに合致するユーザーを対象に調査することによって、リアルで有効な多くのフィードバックを得ます。アプリ/サービスがユーザーにとって好意的に受け入れられるのか?ユーザーシナリオとのGAPは?といった本質的なところから検証し、ボタンの大きさや配置、配色といったUIエレメントにシフトしていきます。

4

プロトタイプをリバイスする

UIデザイン、開発実装へ

フィードバックをプロトタイプに反映させます。この2〜3の工程は複数回実施することもあります。どんなアプリ/サービスを作るかチーム内で共通認識が出来たら、開発の要件定義、デザインの工程に進みます。

UIデザイン、開発実装へ

Contact Us

課題のヒアリングをし、解決に向けたステップをご提案いたします。
各種資料も取り揃えております。まずはお気軽にお問い合わせください。