App Development

アプリ開発について

ビジネス指向とデザイン思考のメソッドを取り入れ、ユーザーがストレス無く自然に使い続けるアプリを開発します。
アプリ開発とひとことで言っても、新規事業/新規開発の場合と既存の場合、
またプロジェクトスタート時の状態で開発プロセスは様々です。
ヒアリングをさせていただいた上で、プロジェクトにあった最適なプロセスとプロダクト/サービスをご提供します。
Tablet、SmartPhone、Wearable…デバイスは問いません。

ユーザー調査・定義

プロトタイピング

開発、テスト

運用・保守

リリース後を考慮した開発実装フェーズの流れ

アプリ開発プロジェクトのゴールはアプリのリリースはではなく、サービス提供のスタートになります。
そのため、開発の初期段階からからリリース後、グロースを考慮した開発プロセスが必要です。
また、各種開発支援ツールを使って、要件定義から開発、リリースまでのプロジェクト進行をスムーズ化します。

0

UXデザイン

1

要件定義

開発するアプリの機能要件、非機能要件をブレークダウンし、プロジェクトゴール、スコープを明確にします。プロジェクト期間中は、プロジェクト管理ツールを導入し、煩雑になりがちな開発時のコミュニケーションを円滑に進めます。

2

設計

要件定義を元に外部設計、詳細設計を行います。
実装可能レベルのデザインのブラッシュアップもこのフェーズで行います。

3

開発/テスト

設計に基づいて実際の開発を行います。開発されるソースコードはチーム開発で考慮して、ソースコード管理、デプロイの自動化、テストの自動化を行っています。

Column

リリース後、グロースを考慮した開発プロセスとは

開発言語のフレームワークの選定、CIサービスを使ってビルドの自動化 (Bitrise等)、テストの自動化 (Appium等)、Deployの自動化 (Deploy Gate等)などで、プロジェクトの目的と利用状況において柔軟に変更しています。
開発言語はコンシューマー向けのアプリで計測ツールならびにアドネットワーク等のSDKを多様する場合にはSwift等のネイティブを使うことが多く、逆に業務ユース等であればXamarinやCordovaを利用するのも効率的です。

4

公開/導入/ストア申請

開発されたアプリをストアを申請する前に、ホームアイコンならびにストアでの表示画像をデザインさせていただきます。ストアへの申請はお客様での対応、i3DESIGNでの対応のいずれでの対応も可能です。

5

運用・保守

i3DESIGNはAWSのTechnical Partnerでもあり、月間数億PVというアクセスやチケット販売などの一時的なアクセス集中にも多くの実績があります。
安定的な稼働と正常動作、アプリに関するお問合せのための窓口を設置しています。

Column

環境構築やクラッシュレポートも運用後の重要な要素です

サーバーサイドは、想定される利用ユーザー数ならびに非機能要件から選択しています。企業利用の場合で、最初から数十万から数百万規模のユーザーを想定するのであればクラウドをフル活用してスケールする環境を考慮しておく必要があります。


これら以外にも当社でアプリ開発を行う場合には、リリース後を想定してクラッシュレポートを最初から導入しています。
ネガティブレビューの多くはクラッシュ系のなので、こういったツールを利用することによって、アプリの意図せざるエラーがどれだけのユーザーに影響を与えたのか、またどの機種で起きたかなどを把握し、対策することが可能です。

6

グロース

アプリ開発の完了は、サービス提供のスタートでもあります。
追加機能開発はもちろんですが、アナリティクスや定期的なユーザー調査、改善提案などでサービスの成長をお手伝い致します。

Column

プロジェクトについて思うこと

ビジネス指向・デザイン思考を用いたプロトタイピング工程は、リリース日や納期が決まっているプロジェクトにとっては遠回りやコスト増に見えるかもしれません。しかし、開発しても使われないアプリになることを防ぎ、リリース後の改修費用などのコスト削減にもつながります。最終的には、投資効率が高いプロジェクトになるのです。

Contact Us

課題のヒアリングをし、解決に向けたステップをご提案いたします。
各種資料も取り揃えております。まずはお気軽にお問い合わせください。