会社概要

About

i3DESIGNの会社概要ページです。目的、提供する価値、代表メッセージ、企業情報、オフィス、グループ会社、会社沿革などをご覧いただけます。

Purpose

目的

Business x Design x Technologyの力で世界の進化を支える

デジタルサービスを通して世の中にインパクトを与えて、人々の生活をより豊かにすることが私たちのミッションです。それは何のためでしょうか?私たちは何度も議論しました。ここに記載されているPurpose(パーパス)、これが私たちの思いです。

Value

私たちの価値

Creative

創造的な・独創力のある

Collaborative

協力的・協調的

Evolutionary

進化的・発展性

Stimulative

刺激的な・鼓舞する

Business x Design x Technologyの力で世界の進化を支えるために、私たちは何の価値を提供しなければならないのか?ここにある4つのValue(バリュー)は、私たちのPurpose(パーパス)を達成するために必要な要素だと考えています。

Message

代表メッセージ

芝 陽一郎

芝 陽一郎

Yoichiro Shiba

代表メッセージ

日本企業が何故デジタルトランスフォーメーション(DX)が進まないかという議論の中で、よく指摘されるのが日本特有のITゼネコン構造への依存です。確かに国内にIT産業の中でもSIerと呼ばれる多くはゼネコン型の多重下請け構造で水平分業をしています。この事業構造は従来のシステム開発、つまり業務プロセスのシステム化といったようなプロジェクトで、システムリリース後は大きな改変を行わず保守をメインとする場合には機能をしていました。しかしデジタルを使って顧客の体験価値に大きな変化をもたらすようなアプリケーションでは、その硬直されたプロセスによって、まるで恐竜のように環境変化に迅速に耐えられない構造になっています。
我々、i3DESIGNは、ビジネス、デザイン、テクノロジーという3つのアイデンティティを垂直統合させることによって、従来のSIerとは全く違う、新しいITサービスを顧客に提供する会社です。各レイヤーを垂直統合させることは顧客に与える体験価値をより迅速に実現できます。変化に耐えられるアプリケーションを実現することができます。
どれだけいいアイデアでも形になっていなければ何の価値もありません。いいアイデアを実現して初めて価値が生まれます。しかしその価値は生まれたての頃は荒削りです。世の中に出て、それを市場にフィットさせていく過程で、そのサービスは魅力的なサービスへと成長していきます。そういった意味ではサービスと人の成長と似たところがあります。だから我々は、運用を考慮したデザインを重視しています。クラウドのフル活用、CI/CDを考慮したAgilityのある開発スタイルを取っています。こういったプロセスを顧客に提供することによって、多くのクライアントの新規サービスの創出に我々は貢献できると信じています。多くの事業創造を通して、この国に活力を与えて、次の世代が夢を持てる社会を実現することが私の思いです。

野村総合研究所にて金融機関むけのシステムコンサルティング業務に従事後、ソフトバンクにて海外ベンチャーキャピタルとの折衝、投資案件のデューデリを担当。当時ソフトバンクグループ会社内の最年少役員。その後、一部上場企業を対象に投資事業ポートフォリオ再編、バイアウトのアドバイザリー業務を提供、複数のIT企業の役員歴任。早稲田大学人間科学研究科修士課程終了。ロータリー財団の奨学生としてドイツBielefeld大学にて社会哲学専攻。渡航国36カ国120都市。

Corporate Profile

企業情報

  • 社名

    株式会社アイスリーデザイン
    (英文表記:i3DESIGN Co.,Ltd.)

  • 所在地

    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山2F

  • 代表取締役

    芝 陽一郎

  • 設立

    2006年7月26日

  • 営業開始

    2011年8月1日

  • 事業内容

    デザインとテクノロジーで新規ビジネスの創出と実現

  • 資本金

    228,000,000円 (資本準備金含む)

  • 代表電話番号

    03-6419-7700

  • FAX番号

    03-6419-7703

  • 取引先金融機関
    • みずほ銀行 渋谷中央支店
    • 三菱東京UFJ銀行 渋谷支店
  • 取引先企業
    • ANAシステムズ株式会社
    • 国際航業株式会社
    • 株式会社Jストリーム
    • 商船三井システムズ株式会社
    • 株式会社ディスコ
    • 株式会社ニコンイメージングジャパン
    • 野村證券株式会社
    • 株式会社ピーチ・ジョン
    • 株式会社フェリーさんふらわあ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
  • 取得認証
    • APNテクノロジーパートナー
    • プライバシーマーク 登録番号21000685(04)
    • 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機関
  • グループ会社
    • ソリッドスフィア 株式会社
    • i3DESIGN-UKRAINE,LLC

Offices

オフィス

Tokyo

東京

東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山ビル 2F

Kharkiv, Ukraine

ウクライナ、ハリコフ

Poltavskiy Shlyakh street, 190 Kharkiv, 61034,

Group Company

グループ会社

SolidSphere

Solid Sphere

History

会社沿革

  • 2006

    渋谷区松濤に株式会社アイスリーデザインの商号にて渋谷に登記

  • 2009

    日本企業の海外進出/輸出を支援するITサービスを事業譲渡により売却

  • 2010

    ケニア共和国にてIT会社を設立するも撤退

  • 2011

    第2創業、スマホ変換のクラウドサービス”SMARTCONVERT”を発表

  • 2012

    事業拡張に伴い渋谷区神宮前にオフィス移転、Pマーク取得

  • 2013

    事業拡張に伴い青山にオフィス移転

    i3DESIGN-UKRAINE,LLC設立

  • 2014

    クラウドサービス”flamingo”を発表

    UI/UXデザインサービスを開始

  • 2015

    Mobile World Congress in Barcelona 2015に出典

    アプリPUSH配信エンジン”ZEBRA”を発表

    AWSテクノロジーパートナーに加入

    海外のアプリ開発者間のアプリソース売買サイト”meetsource.com”OPEN

  • 2016

    AMP対応クラウドサービス”Rabbit”を発表

  • 2019

    CI/ロゴを刷新

  • 2020

    VR/AR/ゲーム開発のSolidSphere(ソリッドスフィア)社をグループ会社化

    ライフスタイルカルチャーメディア”Quiiver(クイーバー)”OPEN

    アプリソース売買サイト”meetsource.com” CLOSE

Contact

良質なサービスを一緒に作りましょう。
まずはご相談ください。