topicsTopics2022年4月8日 | イベント・セミナー

課題ドリブンでDXが出来ている企業はわずか8%!? 〜やってるつもりの課題解決を脱却する2つのアプローチ〜

■概要
多くの企業でDX推進関連の組織が立ち上げられ、2021年9月にはデジタル庁が発足しています。その一方で、DXがIT投資やデジタル化と混同されており、「DXとデジタル化の違いが説明できない大企業の管理職が70%以上」というニュースが注目を集めることもあります。 社内でDX推進を任されたものの、縦割り組織の中での全社横断的な推進の難しさに直面されたり、実行フェーズでの次世代リーダークラスが積極的に取り組んでくれない、という悩みも多く聞いています。 今回の少人数勉強会では、やってるつもりの課題解決・DX推進を脱却するための2つのアプローチ方法をご紹介します。

■アジェンダ
・縦割り組織では最適なDX推進が出来ない理由
・優秀な次世代リーダーが育たない理由
・「あるべき姿」を描けている企業、描けていない企業で生まれる大きな差とは?

■開催概要
開催日時:2022年4月19日(火) 11:00~12:00
    :2022年4月21日(木) 12:00~13:00
    :2022年4月25日(月) 17:00~18:00
    :上記以外の日程で調整を希望
参加費:無料
参加方法:本クローズド勉強会はオンライン会議システム「Zoom」を使用いたします。(双方向の会話を行う場面があるため、ビデオオンでの参加をお願いしております。)
参加者特典:セミナー後のアンケート回答で使用した資料を送付いたします。

■こんな方におすすめ
・DX推進責任者だが、部門間の調整に困っている
・次世代リーダークラスを巻き込んでのDX推進が出来ていない
・次世代リーダークラスの「思考の変革」をどうすれば良いか悩んでいる
・取り組んでいる内容が現場の困りごと解決になっていて、全社的なDX推進にはなっていない

■登壇者プロフィール

株式会社アイスリーデザイン
DXエバンジェリスト 野林 朋弘
前職でソリューション事業を展開する大手グループ企業にて、法人営業として毎月延べ100社200名以上のお客様と接点を持ち、担当アカウントの売上を1年半で約300%UPさせる。その後、デジタル推進部でITコンサルティングに携わり、SaaSツールの導入にて、全5名の営業メンバーと共に1年間で1000件の商談、100件の契約を獲得。株式会社アイスリーデザイン入社後は、前職で培った顧客ニーズ把握のスキルや豊富な営業経験を活かし、年間300社以上を支援するDXエバンジェリストとして活躍。

お申し込みフォーム】

 

Contact

さまざまな企業のDX・新規事業の支援を行っています。
まずはご相談ください。