2015.05.12

世界中のスマホアプリのソースコード売買ができる「meetsource.com」オープン

報道関係者各位

2015年05月12日
株式会社アイスリーデザイン

世界中のスマホアプリのソースコード売買ができる「meetsource.com」オープン

- アプリ市場へ気軽に参加を実現 -

企業向けにモバイル対応支援ソリューションを開発・提供する株式会社アイスリーデザイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:芝 陽一郎)は、国内外のスマホアプリ開発者がアプリのソースコードを売買するためのマーケットプレイス「meetsource.com(ミートソース)」を2015年5月12日に正式オープンします。

スマートフォンの普及に伴い、いまや世界中のアプリ開発者がアプリマーケットに対してスマホアプリを供給する時代になってきました。「MeetSource」では、これらの世界中のアプリの開発者が、アプリマーケット以外でもマネタイズできるように、開発したアプリのソースコードをサブライセンスする形で売買できるサービスとなっています。

出品されるアプリのソースコードは、購入者が安心して利用できるように、当社の独自のノウハウにより、登録されたスマホアプリが指示書通りに利用することができるか、悪質なソースコードが含まれていないか、等をレビューしています。サイト上では、このレビューを通ったアプリのソースコードのみを掲載するようにしています。

購入者は、購入したアプリのソースコードに新しいデザインを適用することによって、ゼロから開発しなくても、自分のアプリとしてアプリマーケットに出品することが可能です。実際のところ、アプリマーケットにはヒットアプリの類似アプリが数多く公開されていますが、アプリのソースコードのライセンス売買という方式を利用することによって、人気アプリと類似したアプリを素早くアプリマーケットに投入することが可能になります。単一アプリだけでなく複数アプリによるポートフォリオを構成する場合には、開発投資金額を抑えることが可能です。

また「MeetSource」では、アプリソースの売買だけではなく、開発者との連絡手段を用意しているため、購入前にアプリの出品者に、仕様の確認、また公開されているアプリを応用した企画を実現できるかを、直接開発者に依頼することも可能です。

■サイトURL
http://www.meetsource.com/jp/welcome

■サービス説明
【売買方法】

  • ユーザー登録後、売買したいアプリのソースコードの詳細、金額を設定し申請となります。
  • 決済方法は、PayPalでグローバルの売買に対応しています。
  • 購入時に不備がある場合には14日間の返金保証をしています。
  • 【販売者メリット】

  • すでに開発済みのアプリをサブライセンスする形でマネタイズを図れる
  • アプリソース売買に付随して、購入者との間で受託開発契約の可能性が発生
  • グローバルマーケットでのソースコードの売買が可能
  • 【購入者メリット】

  • 公開されているアプリのデザインを変更して、アプリマーケットに出品可能
  • 実際のアプリのデザインを変更する際には、アプリ開発者に依頼も可能
  • 興味のあるアプリのソースコードを購入することによってアプリ開発の参考
  • img_61454_1  img_61454_2

    当社では、今後、モバイルのアドネットワークを提供する企業、ならびにクラウドソーシング企業と協力することによって、世界でも有数のアプリ市場である日本をベースに「MeetSource」を世界中のアプリ開発者をネットワーキングできるサービスへの充実化を図って参ります

    ■会社概要
    社名  :株式会社アイスリーデザイン  http://www.i3design.jp
    所在地 :東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山2F
    資本金 :30,000,000円(2015年1月末現在)
    代表者 :代表取締役CEO 芝 陽一郎
    事業内容:スマートフォン事業、インターネット広告事業、リサーチ・コンサルティング事業、受託開発事業

    ■リリースに関するお問合せ先
    株式会社アイスリーデザイン 広報担当
    Email: info@i3design.co.jp